このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34532
本文ファイル
別タイトル
Two Species of Brachiopods Collected from Central Part of Seto Inland Sea, Western Japan <Short Report>
著者
広瀬 雅人
近藤 裕介
平林 丈嗣
キーワード
腕足類
絶滅
瀬戸内海
広島県
レッドデータブック
brachiopod
extinction
Hiroshima Prefecture
red data book
Seto Inland Sea
NDC
動物学
抄録
シャミセンガイの1種Lingula sp.が広島県ハチ干潟,細ノ洲から採集された。本標本はウスバシャミセンガイに酷似するが,筋肉痕の配置において違いも確認された。また,塩飽諸島広島沖合からは,これまでの瀬戸内海から報告があった既知2種とは殻の形態が異なるスズメガイダマシの1種Discradisca sp.が確認された。これらの浅海産腕足類は日本各地で絶滅が報告され,西日本の5県で絶滅危惧種あるいは準絶滅危惧種に指定されており,詳細な観察に基づく正確な種の分類とともに出現記録を正式に残すことが保護上必要である。
抄録(英)
The linguliformean brachiopod Lingula sp. was found in the intertidal flats of Hiroshima Prefecture, Western Japan, and is briefly described here. Another linguliformean brachiopod Discradisca sp. was also collected from the Shiwaku Islands area in the Seto Inland Sea. These brachiopods are endangered all over Japan and designated as nearly extinct species by five prefectures of Western Japan. Accurate identification and official occurrence records of these shallow-water brachiopods are required for their conservation.
掲載誌名
広島大学総合博物館研究報告
4号
開始ページ
43
終了ページ
48
出版年月日
2012-12-25
出版者
広島大学総合博物館
ISSN
1884-4243
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2012 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
部局名
総合博物館
他の一覧