このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24747
本文ファイル
Thumnail 64-1686.pdf 1.29 MB
別タイトル
Identification and Distribution of Gynogenetic Triploid Clones in Ginbuna Carassius langsdorfii collected from Hiroshima and Yamaguchi Prefectures
著者
前田 克明
森島 輝
前村 浩隆
張 全啓
荒井 克俊
中川 平介
キーワード
ギンブナ
雌牲発生
三倍体
クローン
DNAフィンガープリント
ginbuna
gynogenesis
triploid
clone
DNA fingerprints
NDC
動物学
抄録
三倍体ギンブナ Carassius langsdorfii は雌性発生によりクローンとして繁殖することが知られている。本研究は広島県と山口県に生息する三倍体ギンブナのクローン組成と分布を明らかにするため行った。広島県太田川、黒瀬川、沼田川、白竜湖、芦田川ならびに山口県錦川より合計312個体のフナ類を得た。DNA量フローサイトメトリーあるいは赤血球径測定から倍数性判定をしたところ、全水系で36~100%の率で全雌三倍体ギンブナが出現した。これらについて、DNAフィンガープリント法によりクローン識別を行ったところ、複数個体間で遺伝的同一性が認められ、全体で16クローン系統が識別できた。個体特異的DNA型をもつギンブナを1クローンとすると、さらに56系統が存在する。クローン16系統中、6系統は2~3水系の問で共通して出現したが、残り10系統は各水系に固有であった。優占的に出現する系統は水系毎に異なっていた。また、同一地点でも、年級毎に優占クローンが異なった。
抄録(英)
Triploid ginbuna is a unisexual species and reproduces gynogen.etically as well as clonally. A total of 3l2 crucian carp were collected from Ohta River, Kuroae R., Nuta R., Hakuryu Lake. and Ashida R. in Hiroshima Prefecture and Nishiki R. in Yamaguchi Prefecture. Ploidy status of these samples was determined by DNA content flow-cytometry and/or erythrocytes measurements and all-female triploid ginbuna were detected in frequencies between 36 and 100%. Multilocus DNA fingerprinting identified 16 clonal lines based on the genetic identity between at least two samples. An individual specific DNA fingerprints was detected in 56 samples, suggesting the presence of independent 56 and more clonal lines in the localities. Among 16 lines, six lines were commonly found in two or three localities, while the other 10 lines were secific to each locality. Predominant clonal line was different among the localities and it was also different among year classes even in the samples from the same locality.
掲載誌名
生物生産学研究
40巻
開始ページ
15
終了ページ
25
出版年月日
2001-11
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧