このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42759
本文ファイル
別タイトル
Awareness of Japanese 7th Graders Engaged in English Activities in Primary School: Differences in Students’ Awareness Depending on Experiences of Writing Activities or Length of Learning
著者
NDC
教育
抄録
本研究では中学1 年生が小学校で経験した英語活動をどのように認識しているか,さらにはそれが中学校での英語の授業にどのように活かされていると感じているかを調査したものである。特に, 5 年生から英語活動を行った生徒とそれ以前から行った生徒,「簡単な英文を書くこと」を経験した生徒と,書く活動をしなかった生徒との比較を行い,中学校英語に対する影響を報告する。
抄録(英)
The purpose of this paper is to determine how Japanese 7th graders regard learning English in primary schools and the effects of this on learning English in middle schools. More specifically, we aim to examine how the experiences of writing activities and the length of learning English in primary schools influence students’ later study of English.
The 7th graders in this study have positive views on learning English at primary school and keep motivated to study English once they enter middle school. However, some students who did not experience any writing activities while at primary school now consider that learning English at primary school is of little use for English lessons at middle school.
掲載誌名
中等教育研究紀要
63号
開始ページ
61
終了ページ
66
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧