このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33661
本文ファイル
別タイトル
Change in the public finance of Japanese municipalities : Comparison by merger or not between FY2002 and FY2009
著者
キーワード
市町村合併
類似団体
財政持続性
Mergers of municipalities
Similar groups in scale and industrial structure
Sustainability in local public finance
NDC
経済
抄録
2002年度から09年度にかけてわが国の市町村数は3,212から1,727に減少した。この間、市町村合併に並行して「三位一体の改革」がおこなわれ、地方財政にさまざまな影響を与えている。本稿では、①02年度時点の市町村を09年度時点に再編し、類似団体にまとめたうえで、②両年度における市町村の人口1人あたり歳入・歳出の状況などについて、③市町村合併の有無別に有意差検定などをおこなうなど、類型間ならびに類型内で比較・検討した。その結果、市町村合併は人口面でも財政面でも相対的に厳しい類型で活発であったこと、合併市町村は普通交付税、国庫支出金および地方債に依存する一方、人件費、物件費、単独普通建設事業費などへの支出が大きく、地方債残高が累増していることなどが統計的に有意であることが明らかにされた。
抄録(英)
The mergers of cites and towns were carried out through 2000s in Japan and the reform of local public finance followed them. The number of municipalities decreased almost by half from FY2002 to FY2009. The mergers and reform have influenced the structure of revenue and expenditure of municipalities. This paper intends to inspect the change and characteristics in the local public finance between FY2002 and FY2009.

We rearranged 3,212 municipalities before mergers into 1,727 after that. These consist of merger experienced municipalities or not. We tested the statistically significant difference between the merger experienced groups or not while keeping eyes on the scale and industrial structure of municipalities. We could point out such facts as; 1) the merger were accelerated in the municipalities where suffer from depopulation and have financially difficulties, 2) the merger experienced groups depend upon local allocation tax, national treasury disbursement and municipal bonds, 3) they are inclined to expend more money on personnel cost, supplies and outsourcing expense, and public works, 4) they are accumulating debt.
掲載誌名
地域経済研究
23号
開始ページ
71
終了ページ
109
出版年月日
2012-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
ISSN
1884-7455
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧