IPSHU研究報告シリーズ 52号
2016-03 発行

恒久的な平和への取組みと市民社会の可能性 : 核廃絶に向けた70年の軌跡と今後

Ertuğrul Apakan
河東 哲夫
中村 吉利
Surakiart Sathirathai
櫻井 本篤
坂東 眞理子
Finlay, Brian
薬師寺 克行
本文ファイル
ipshu_52.pdf 4.72 MB
内容記述
2015年度第1回広島大学平和科学研究センター主催国際シンポジウム
目次
要旨...1
開会の言葉...4
趣旨説明...5
第Ⅰ部 核廃絶に向けた努力の軌跡
 The OSCE in the Ukrainian Crisis and Beyond...Ertuğrul Apakan...7
 核廃絶から遠ざかる世界 : 「大乱」時代の様相...河東哲夫...12
 核軍縮・不拡散問題の現状と我が国の政策...中村吉利...18
 核に頼るリスクと廃絶に向けた課題...友次晋介...25
基調講演/Keynote speech
 The Challenges to Global Peace And the Hiroshima Legacy...Surakiart Sathirathai...29
第Ⅱ部 市民社会の可能性とグローバルな平和への展望
 核兵器廃絶へ向けての市民社会のあり方...櫻井本篤...40
 市民社会の可能性はあるか : 女性の視点から...坂東眞理子...48
 Empowering Peace in the Twenty-first Century...Brian Finlay...53
 グローバルな時代に生き残るために...薬師寺克行...59
閉会の言葉...64
資料1 シンポジウム・ポスター...68
資料2 参加者アンケート結果...70
権利情報
Copyright (c) 2016 広島大学平和科学研究センター