広島外国語教育研究 23号
2020-03-01 発行

Novelizations and their Pedagogic Potential

小説化作品とその教育的可能性
Howell, Peter 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
本文ファイル
抄録
最近に至るまで小説化作品はその文学的な価値という点には不賛成を唱えられ,言語教育の議論から無視されてきた。本論は小説化作品のもつ3つの側面に注意を向けることでその無関心の是正を模索するものである。最初に,小説化作品は文学的・学問的な興味の価値のある作品として認識され始め,研究の対象とされている。次に,小説化作品は異種類の作品を含む異種混淆の文章形式を構成している。最後に,小説化作品は外国語としての英語教育を含め教育での使用に興味深い可能性をもっている。
権利情報
Copyright (c) 2020 広島大学外国語教育研究センター