広島外国語教育研究 21号
2018-03-01 発行

An Outline of an English Course Using James Bond

ジェームズ・ボンド(James Bond)映画を使った英語授業の構築と教材開発
Howell, Peter 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
本文ファイル
抄録
本稿の目的は,ジェームズ・ボンドが登場する映画11 作品とそれらに関連する小説やテーマ・ソングに基づき,筆者が構築したThree Block method(3種類の言語活動に取り組む手法)を使って,英語の聴解力や発話力を伸長するためのコース構築をするために厳選した教材の概要を詳述することである。毎回のレッスンには主として,計6人の男優が演じたJames Bond と11名の女優が演じた‘Bond Girl’ たちの間で交わされた会話が,教材として用いられた。また,扱ったそれぞれの映画シーンに対応する,原作小説や映画がヒットしたことがきっかけで書き下ろされた小説作品の該当部分が,11編の映画テーマ・ソングとともに用いられた。各レッスンの3つ目の言語活動では,映画作品の内容を尋ねた「台詞Q&Aプリント」を準備し,受講学生は相手を変えながらペア練習を行った。後半では,受講学生の授業コメントの一部をいくつかを紹介し,最後に筆者(授業実践者)による振り返り評価を,これらの教材を使用した際に感じた課題とともに報告する。
権利情報
Copyright (c) 2018 広島大学外国語教育研究センター