広島外国語教育研究 2号
1999-03-31 発行

The English Listening and Reading Ability of Freshmen

本文ファイル
抄録
本研究の目的は大学一年生の英語リスニング能力とリーディング能力を分析し検討することである。習熟度別クラス編成を実施するために,ほとんどの広島大学の一年生はリスニング・テストとリーディング・テストを受けた。その中の10学部から409人を選び分析対象とした。主な結果は1)両方の試験はいずれもpre-TOEFL level であったが,リスニング能力よりもリーディング能力のスコアのほうが平均的に高かった(p<.01)。2)リスニング・スコアとリーディング・スコアには相関関係が見られる(p<.01)。3)リスニング・テストでは,テープ聞こえてくる表現が解答用紙上のdistractorと同一である場合に,学生がそれらのdistractorを間違って選択する割合がきわめて高かった。リスニング・スコアが低い原因は語彙力の不足ではない。リーディング・スコアが示しているように学生の語彙力は結構高い。原因はむしろ一年生がこれまでリスニング練習の機会にめぐまれなかったことにある。リスニング・スコアを向上させるために今後さまざまな試みが求められる。
SelfDOI