地域経済研究 29号
2018-03 発行

財政移転の地域間格差への影響についての検討

Effect of Fiscal Transfers on Regional Disparity in Japan
謝 礒然
大澤 俊一 大学院社会科学研究科 広大研究者総覧
本文ファイル
抄録
近年、地域間格差の問題は注目されている。さらに、日本の地方分権システムにおいては財政移転は重要な位置に置かれているので、本稿は財政移転の地域間格差への影響を検討する。具体的には、1989年から2015年にかけての都道府県の歳入、異なる方式の政府間財政移転を集計して、各年一人あたり歳入の変動係数を計算して、それを指標として財政移転の地域間格差への影響を分析する。各種類の財政移転が一人あたり歳入の格差へ及ぼす影響を別々に分析する。そして、財政依存度の地域間格差への影響は、実証的に分析される。分析の結果、次のことが示される。第1に、現在の財政移転は地域間格差を拡大し、各種類の財政移転が地域間格差へ及ぼす影響は異なることが示される。第2に、地域間格差の拡大の程度と、財政依存度の変動係数の間に、負の相関関係があることを示す。最後に、現在の地域間格差の状況を改善する方法を提案する。
キーワード
財政移転
地域間格差
変動係数
Fiscal transfers
Regional disparity
Coefficient of variation