地域経済研究 27号
2016-03 発行

市町村合併と三位一体の改革をはさんだ市町村の財政状況の変化 : 財政力指数と経常収支比率の変化とその要因

Influences of the municipal mergers and the reform of local public finance upon the financial capability of the Japanese municipalities
本文ファイル
抄録
2002年度から09年度にかけて、市町村合併と三位一体の改革が重なり、自治体の財政力指数(単年度)は改善された。改善した自治体の比率は、非合併市町村では70.7%であったが、合併市町村では91.7%であった。それでもなお合併市町村の財政力指数は、非合併市町村のそれを下回っている。経常収支比率(減税補填債等と臨時財政対策債を含まない)は全体として上昇し、硬直性が増大した。これは分母となる経常一般財源が微減した半面、分子となる経常経費充当一般財源が相対的に高止まりしたからである。改善した自治体の比率は、非合併市町村では31.5%であったが、合併市町村では19.7%にとどまった。合併市町村においては、たとえ緩やかでも「一本算定」が進められていけば、分母は縮小する。その一方、合併特例債をはじめ地方債への依存が比較的高いため、後年度の公債費負担は上昇する。このようにして分子が増大すれば、硬直性はさらに強まることが懸念される。合併団体においては合併10年を機会に、より計画的・効率的な行財政運営に努めていく必要がある。
内容記述
本稿は、日本計画行政学会第38回全国大会(2015年9月18日、名古屋工業大学)における発表原稿をベースにし、大幅に加筆・修正したものである。
なお、発表原稿の概要は、日本都市センターの『都市とガバナンス』に掲載している。
キーワード
市町村合併
三位一体の改革
財政力指数
経常収支比率
Financial Capability Index
Current Account Balance
Municipal mergers
Reform of local public finance