地域経済研究 21号
2010-03 発行

国際取引における知的財産権の重要性について : 特許等使用料収支を中心として <研究ノート>

The Importance of Intellectual Property Rights in International Transactions
本文ファイル
抄録
企業のノウハウや技術が海外へ意図せず流出することを防止し、適切に保護することは産業の発展・活性化に欠かせない。知的財産権関連の国際取引は主にサービス貿易の一分野として取り扱われており、この取引については1995年に発効したTRIPS協定によってWTO体制下で包括的かつ総合的な知的財産権の保護体制が確立されることになった。

本稿は、知的財産権の国際取引が記録される国際収支表上の特許等使用料収支に注目してその現状と動向を確認し、今後ますます高まるであろう知的財産権取引の重要性を再確認しようとするものである。
キーワード
知的財産権
国際取引
特許等使用料
Intellectual Property Rights
International Transactions
Royalties and Licenses Fees
SelfDOI