地域経済研究 19号
2008-03-31 発行

大学・短大就学に伴う地域間人口移動と所得移転 <論説>

Inter-Regional Migration and Income Transfer Arising from Entrance into University
吉村 弘
本文ファイル
抄録
本稿の目的は、最近のデータに基づいて、都道府県を地域単位として、大学・短大への就学に伴う地域間人口移動とその所得移転額を推計することである。本稿の分析を通じて、大学・短大への就学に伴う都道府県間人口移動と仕送金送付額・受領額・純受領額を、信頼できるデータに基づいて推計し、その実態を数量的に明らかにすることができた。また、その実態に基づいて、大学・短大就学は絶対額においても、また県人口や県民所得に比しても、多大な無視し得ない大きさの地域間人口移動と所得移転を生じさせていること、さらに、その人口移動や所得移転は地方の小都市・町村部から都市部とくに東京圏への移動あるいは移転であることを示した。
キーワード
地域間人口移動
所得移転
就学仕送金
inter-regional migration
income transfer
student allowance
SelfDOI