地域経済研究 15号
2004-03-31 発行

行政組織における組織文化とその学習過程についての調査研究 <研究ノート>

The investigation research on the organizational culture and the process of the organizational learning in the administrative organization
菊地 彰
本文ファイル
抄録
近年、NPMと呼ばれる行財政改革が、様々な自治体で取り組まれている。しかし各自治体は、これら「道具」の導入には積極的であっても、これらに伴うべき意識改革が進まないために、なかなか成果を出す事が出来ずにいるのではないか。ではなぜ、意識改革は進まないのだろうか。このような問題意識の下、参与観察調査およびアンケート調査を行った。その結果、以下のような知見を得た。

第一に、組織文化や部門文化は、職員それぞれが自分と他者との役割というものをまず定義し、その役割間の関係性から形成される規範のようなものであるようであった。

第二に、文化が他者(他部門)との関係性から形成されているからか、他者や他部門、またはこれらの役割というものを強く意識した上で行動をおこすという、行政職員の行動パターンの裏付けとなっているようであった。

第三に、一つ一つの案件について行われている確認作業が、大きな役割を担っているようであった。
キーワード
行政組織
組織文化
組織学習
administrative organization
organizational culture
organization learning
SelfDOI