地域経済研究 15号
2004-03-31 発行

国際観光と経済成長に関する一考察 : 世界各国の国際観光収入を中心とした実証分析 <論説>

A Study on International Tourist Receipts and National Economic Growth in the World
齋藤 英智
本文ファイル
抄録
本論文は、今日世界的な重要性が指摘されるようになった観光(tourism)について、国際観光収入(tourist receipts)と観光客受け入れ国の経済成長との関係を考察することを目的とする。本論文において対象とした1987年から1996年の期間において、世界各国における観光収入の伸び率とGDPの伸び率には密接な関係があると言え、また、これらは国際収支統計上のサービス・所得収入を介して形成される。本論文ではこれら3者の関係について分析する。

さらに、本論文では新たな視点から観光収入を対象とした推定を試みる。観光推計モデルに関する既往研究は、需要側の側面からのアプローチが主流であり、時系列タイプのモデルに基づくものが多い。本論文では、供給側、すなわち観光客の受け入れ国における経済的特性を示す諸指標を用いて、供給型およびグラビティ・モデルのアナロジーに基づいて観光収入の推定を行う。推定結果は、為替レートが観光収入の減少要因として大きな規定力をもち、次いで航空輸送が増加要因として抽出された。
キーワード
国際観光収入
経済成長
観光推計モデル
International tourist receipts
Economic growth
Estimating models for tourism
SelfDOI