高等教育研究叢書 163巻
2022-03-31 発行

大学を変えるファンドレイジング : 米国から学ぶリーダーシップと同窓生を中心としたコミュニティ作り

Fundraising Best Practices: Fostering Effective Leadership and Building Alumni Relationships
三宅 雅人
田宮 徹
神山 知久
松尾 正人
丸山 マリ
渡邉 浩人
會沢 洋一
田谷 正仁
本文ファイル
RIHE163.pdf 4.76 MB
抄録
This content was compiled during an international workshop sponsored by the Japanese University Network in the Bay Area (JUNBA). JUNBA is a consortium that currently includes 13 Japanese universities that have offices in the U.S. and serve as regular members; six organizations that do not have office in the U.S. are associate members; and 34 individual members. The Consul General of Japan in San Francisco serves as an honorary advisor and the head of the San Francisco office of the Japan External Trade Organization (JETRO) and the director of Stanford University’s US-Asia Technology Management Center serve as JUNBA’s advisors.
JUNBA’s activities are aimed at sharing networks and know-how among Japanese sites overseas. JUNBA has held a number of international symposia thus far. The international symposium of January 2020 investigated actual cases of fundraising, including the strategies and positioning employed by U.S. universities and their fundraising departments. The second part of the symposium was a forum, with participation by Japanese university administrators and other officials, analyzing actual cases and current conditions in the U.S. and discussing such topics as how to use and apply these methods in Japan. Previous international symposia did not offer many detailed examples of efforts or current conditions in advanced nations of fundraising; therefore, we want to widely disseminate information and contribute to the development of fundraising activities by Japanese educational and research institutions by publishing this part of the higher education and research series.
We hope that this publication will be of assistance in expanding efforts and improving frameworks for fundraising during this time of declining public funding for higher education and research institutions.
内容記述
本叢書は、JUNBA が主催した国際シンポジウム「大学を変えるファンドレイジング~米国から学ぶリーダーシップと同窓生を中心としたコミュニティ作り~」【JUNBA 2020: 2020 年1 月9-10 日)】の講演セッション、および討論会セッションを編集したものである。
目次
はじめに… 三宅 雅人 1
1 JUNBA の活動について… 田宮 徹 3
1.1 JUNBA について
1.2 JUNBA 会員について
1.3 歴代のJUNBA イベントについて
2 招待講演… 神山 知久 8
2.1 講演1:Mr. Peter Smits 講演「ファンドレイジングを成功に導くには?」… Mr. Peter Smits, Ms. Lori Redfearn 8
2.2 講演1 のまとめと展望… 松尾 正人, 丸山 マリ 34
2.2.1 講演のテーマと内容についての議論
2.2.2 講演者をどう選んだか
2.2.3 講演内容につき講演者との具体的打ち合わせ
2.2.4 当日の講演の内容の要約
2.3 講演2:Ms. Amy Ambrose 講演「同窓生との継続的な関係構築によるファンドレイジング」… Ms. Amy Ambrose 38
2.4 講演2 のまとめと展望… 神山 知久, 丸山 マリ 60
2.4.1 JUNBA シンポジウム2020 の背景
2.4.2 Amy Ambrose 氏の講演の概要
2.4.3 これからの日本の大学におけるFundraise の方向性
3 大学間討論
3.1 日米大学調査結果と主旨説明… 渡邉 浩人 66
3.1.1 日米大学調査結果と主旨説明の補足
3.2 大学間討論1 大学幹部等のリーダーシップ… 會沢 洋一, 松尾 正人 84
3.2.1 学長、副学長、学部長(トップ)の権限
3.2.2 キャンペーンなどの事例紹介
3.2.3 ファンドレイジング(FR)に関する予算と成果の評価
3.2.4 大学間討論1のまとめ
3.3 大学間討論2 同窓生を中心としたコミュニティ作り… 田谷 正仁 90
3.3.1 卒業生の大学に対するアフィニティ/寄付文化(寄付に対する理解)の維持・涵養
3.3.2 現役学生の活用・意識付け
3.3.3 大学の活動と連動させた個別アプローチ
3.3.4 大学間討論2のまとめ
4 全体総括、閉会… 三宅 雅人 111
5 最後に… 神山 知久 116