高等教育研究叢書 118巻
2012-04-27 発行

これからの大学経営 : 誰がどのような役割を担うのか : 第39回(2011年度)研究員集会の記録

University Management, Present and Future : how and by whom? : Proceedings of the 39th R.I.H.E. Annual Study Meeting (Nov. 17-18, 2011)
広島大学高等教育研究開発センター
金子 元久
太田 肇
黒木 登志夫
両角 亜希子
森島 朋三
阿曽沼 明裕
大森 不二雄
本文ファイル
RIHE118.pdf 3.83 MB
目次
はしがき 山本眞一 i
研究員集会の趣旨 iii
基調講演
 大学経営 : 課題,組織,人材 金子 元久 1
 これからの人材育成とマネジメント : プロフェッショナルとしての大学職員 太田肇 19
 国立大学改革は道半ば 黒木登志夫 29
 第39回研究員集会の基調講演の概要とコメント 大膳司 41
大学・大学院教育と人材養成
 大学経営人材としての職員の役割 両角亜希子 49
 立命館の改革と職員の役割 : 私立大学のアドミニストレーターに期待されるもの 森島 朋三 65
 セッション2 : 大学経営人材の現状と課題 : 実態調査の結果から 山本眞一 79
 研究員集会2日目の司会を担当して : 第39回研究員集会の感想 村澤昌崇 89
討論
 セッション3 : 大学職員から大学教員の問題へ 阿曽沼明裕 91
 大学経営・ガバナンス改革の行方 : セッション3 : ディスカッションを司会して 大場淳 95
 これからの大学経営 : 誰がどのような役割を担うのか 大森不二雄 97
研究員集会の概要 109
SelfDOI