プロピレア


 1989年、日本の現代ギリシア語学文学開拓者の一人である関本至先生が中心となって「ギリシア語・文学研究会」が創設され、1997年に「日本ギリシア語ギリシア文学会」と改名しました。『プロピレア』はその年刊誌です。古代・中世・現代といった時代区分を問わず、ギリシアの文学・語学を中心とした人文科学関係の論文・研究ノート・エッセイ・翻訳などを掲載しています。
 〈プロピレア〉とは古代神殿への入り口となる前門を指します。二色刷の表紙カバーはギリシアの空の「青」とその下に映える大理石の門の「白」をイメージしています。
 1993年には「ギリシア文学翻訳者協会」から名誉賞をいただきました。

ISSN : 0915-7425
発行元 : 日本ギリシア語ギリシア文学会
日本ギリシア語ギリシア文学会;
PP.
日本ギリシア語ギリシア文学会;
PP.
学会創立三十周年記念エッセイ
The Footsteps of Japan Society of Greek Linguistics and Literature
浮田 三郎;
PP. 1 - 5
論文
Greek Crime Fiction: Motive and Catharsis
橘 孝司;
PP. 6 - 23
研究ノート
The “πρόσωπον” in Plato and Aristotle: a Survey on their Usage
中西 捷渡;
PP. 24 - 35
Ballads of Manolis Anagnostakis Composed by Mikis Theodorakis
土居本 稔;
PP. 36 - 50
The Contemporary Greek Women Poets 3: Phoebe Giannisi Three poems from Ομηρικά
佐藤 りえこ;
PP. 51 - 60
エッセイ
Madder in the Classics
水谷 智洋;
PP. 61 - 72
Miscellaneous Literary Texts of Byzantium in Translation: An Ekphrasis of Constantine Manasses
戸田 聡;
PP. 73 - 83
発表要旨
Η Ελλάδα είναι η Ανατολή ή η Δύση; Είναι η Ασία ή η Ευρώπη; η επίσκεψη του Καζαντζάκη στη Ρωσία και τα έργα του (1925-1930)
福田 耕佑;
PP. 84 - 85
Potential of Modern Greek Poetry: Online poet Kyoko Kishida
佐藤 りえこ;
PP. 86 - 86
翻訳
Αθηνά Κακούρη Ένα μαντήλι για δάκρυα
橘 孝司;
PP. 89 - 104
Οδυσσέας Ελίτης Ιδιωτική οδός
茂木 政敏;
PP. 105 - 108
Νίκος Kαζαντζάκης Ταξιδεύοντας Ιαπωνία - Κίνα (2)
藤下 幸子;
PP. 109 - 123
Ίων Δραγούμης Η Σαμοθράκη (3) (κεφάλαια 5-7)
福田 耕佑;
PP. 124 - 145
Théocrite La douzième Idylle
八木橋 正雄;
PP. 146 - 150
日本ギリシア語ギリシア文学会;
PP. 158 - 158
日本ギリシア語ギリシア文学会;
PP.
JAPAN SOCIETY OF GREEK LINGUISTICS AND LITERATURE;
PP.

著者の許諾を得た論文のみ掲載しております。