広島大学水畜産学部紀要 5巻 1号
1963-12-20 発行

On four newly known species of Octopoda from Japan

新たに知られた日本産タコ類4種について
Taki, Iwao
本文ファイル
抄録
 近年著者の入手したタコ類4種を記載した. これらは昨年(1962) 日本動物学会大会(岡山}で
発表し要旨は動物学雑誌71巻397-398頁に載っている.
1) テナガヤワラダコ胴部などの破損した標本2点で,銚子沖産.全長約200mm,套長約50
mmで体は亜寒天質で半透明,腕は細長く側扇し吸盤は1列に並ぶ.交接腕(右第3腕)の舌状片
は糸状に細い.外套関口は2部に分かれ,歯舌の中央商は9歯尖,第I側歯は6歯尖,第2側歯は
7歯尖を有するのでフクロダコ族に所属するが,既知のどの科にも属せしめることができないので
テナガヤワラダコ科とテナガヤワラダコ属を設け,フクロダコ科・クラゲダコ科との関係について,
も考察した.
2) ヤワハダダコ土佐足摺岬沖と紀南礁で採れたもので全長約115mm,套長約36mm.未成
熟個体で皮下に極めて軟かい寒天質層がある.腕は比較的短かく吸盤は小形で傘膜は広い.ハワイ
・セイロン島南・アラビア海・ペルシャ湾で採れており日本は新分布地である.
3) センベイダコ標本2個で和歌山県南部沖産.既知のメンダコと比べると傘膜は狭く背軟骨
はゆるい弧状に曲がる点その他多くの点で異るが,Opisthoteuthis pluto, O.persephone (どちらも大豪
洲湾産),O. extensa (スマトラ附近産)と比べても背軟骨・鰹葉数・鰭形・触毛翰・体色などで異る.
4) オオメンダコ鹿島灘で採れた5個で,北米加州で1949年IC知られた種IL同定しうる.甚だ
大形で成熟雄には腕全長の中央部と左右の第1腕の先端部近くと合計2個所IC大形吸盤がある.太
平洋の東西2地方IC同一種を産することは注目される.