広島大学水畜産学部紀要 4巻 1-2号
1962-12-20 発行

Ecology of fishes of Kasaoka Bay as observed from the catch of pound nets

桝網漁獲物より見た笠岡湾における魚類の生態
Onbe, Takashi
Kakuda, Shunpei
本文ファイル
抄録
1) 内湾における魚類の生態を明らかにすることを目的として,瀬戸内海中央部の笠岡湾において,湾内に極めて濃密に設置される桝網の漁獲物を,ほぼ周年にわたって調査した.
2) 桝網漁獲物中に出現した魚類は48科83種に達した.この外,頭足類11種,甲殻類11種,剣尾類1種をえた.
3) 漁獲物の組成では魚類が数量共に首位を占め,個体数,重量はそれぞれ,全漁獲物中の82%および72%に達した.漁獲量には季節的変動があり,夏期に多く,冬期に少ない.
4) 期間中ひきつづいて,かなり大量に漁獲された魚類4種(テンジクダイ,スズキ,マルアジ,イシモチ)について,その出現時期,湾内における成長,その他二,三の生態的事項について述べた.
5) 出現時期および数量から,笠岡湾内に出現する魚類は,昼態的に次の三者に分類することができる.
i) 湾内に定住するもの:テンジクダイ,ヒイラギ,アミメハギ,マハゼ,サツパ等.
ii) 湾内に一時的に滞留するもの:
a. 産卵のため成体が来遊するもの:魚類ではみるべきものが少ないが, トウゴロイワシ,ダツ科の2種(ダツ,テンジクダツ)等がある.
b. 幼期にのみ来遊し,湾内で成育するもの:マルアジ,スズキ,イシモチ,マコガレイ,イシガレイ, トカゲエソ,アカカマス等.
iii) きわめて稀に出現するもの:クロアナゴ,サンマ,ギンカガミ等.