広島大学水畜産学部紀要 10巻 2号
1971-12-25 発行

Studies on Carotenoprotein in Aquatic Animals : I. Distribution of Carotenoprotein in Exoskeleton of Crayfish (Cambarus clarkii)

水産動物のカロチノプロテインに関する研究 : I. アメリカザリガニ甲殻におけるカロチノプロテインの分布
Nakagawa, Heisuke
Kayama, Mitsu
Asakawa, Suezo
本文ファイル
抄録
1. 0.6M硫安を用いてアメリカザリガニ甲殻より赤,紫,青の三種のカロチノプロテイン(以下CPと略記)を得た.精製後の可視部の最大吸収波長は紫CP615mμ,青CP655mμであった,赤CPの最大吸収は前二者に比較して不明瞭であるが,475mμ付近にわずかな吸収を示した.

2. 甲殻における三穫のCPの分布は部分によって異なり,尾部,頭胸部等の青い甲殻は青CP及び紫CPを多く含み,赤い甲殻では赤CPの占める割合が青い甲殻よりも大きいことを明らかにした.

3. CPを硫安水溶液で抽出後なお赤い色が甲殻に残ることから,甲殻の色はCPのみによるものではなく,非結合型のカロチノイドとCPとの共存によるものと考察した.