初等教育カリキュラム研究 8号
2020-03-31 発行

学問史を取り入れた授業の有効性認知の実態 : 小学校教員養成課程に在籍する大学生を対象として

A Survey of the Recognition of the Effectiveness of Incorporating Academic History in the Classroom
中村 大輝
本文ファイル
抄録
本研究では,小学校教員養成課程の大学生が,各教科の授業に学問史を取り入れることの有効性をどのように認識しているのか(有効性認知)を検討した。アンケート調査の結果から,1)有効性認知は,国語,音楽,理科,算数の順に高く,理系科目において学問史の有効性認知が低いこと,2)理科においてのみ学年間での差が見られること,3)大学生は大学生活を通して理科において知識を重視する価値観をより強固なものにしていること等が明らかになった。また,回帰分析の結果から,各教科の授業において学問史を取り入れることの有効性認知を高めるための方法が示唆された。
キーワード
教科教育
学問史
有効性認知
実態調査
ベイズ統計
Subject Education
Academic History
Recognition of Effectiveness
Survey of Actual Condition
Bayesian Statistics
権利情報
Copyright (c) 2020 初等教育カリキュラム学会