学校教育実践学研究 24巻
2018-03-22 発行

現代ドイツのカリキュラム改革 : 教育の自由はどのように守られているか

Standardization in Curriculum-Reform and Pedagogical Freedom of School in Germany
吉田 成章 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
本文ファイル
抄録
Which influences did the central curriculum-reform in Germany have after “PISA-Schock” ? How can teachers and schools maintain pedagogical freedom against “Standardization” in curriculum-revision? In this paper I argue the trends and the discussions of curriculum-reform in Germany after PISA and school practices facing competency-based curriculum design.
内容記述
本稿は,日本カリキュラム学会第28回大会の課題研究Ⅱ「今日のカリキュラム改革と公教育のあり方」(2017年6月25日 於岡山大学)における報告「現代ドイツのカリキュラム改革―教育の自由はどのように守られているか―」に基づいたものである。なお,本研究はJSPS科研費JP16K04478の助成を受けた。
キーワード
curriculum in Germany
competency-based education
standardization in education
pedagogical freedom