広島大学心理学研究 12号
2013-03-31 発行

死別体験の有無および死に対する態度と「死」のイメージとの関連 <論文>

Relationships among experience of bereavement, attitude toward death and images of death
尾方 綾
本文ファイル
抄録
本研究では,死別体験について,死別をどのように体験し,どのように向き合っているのかを検討するため,重要な他者との死別体験の有無,および「死」「生」「自己」の捉え方のパターンによる死のイメージの質的な違いを,TAT の12M 図版と15 図版に対する語りの違いから検討することを目的として調査を行った。「死」「生」「自己」の捉え方のパターンについては,各概念間の心的な距離を測定し,クラスタ分析を行った。その結果,「死」と「自己」のみを離す“「死-自己」分離群",「死」を「生」「自己」から離す“「死」分離群",「死」「生」「自己」を全て離す“全分離群",「死」「生」「自己」を全て近いものとする“全近接群"の4 クラスタが抽出された ( 死-生-自己マトリクス)。死別体験がある者とない者のTAT 反応の特徴を比較した結果,死別体験がある場合,「死」を具体的にイメージし,死者と関わり続けるあり方が見られた。また,死-生-自己マトリクスの各群において,「死」「生」「自己」の近さや遠さの体験に特徴が見られた。
キーワード
死生観
死別体験
死のイメージ
TAT
SelfDOI