廣島法學 43巻 4号
2020-03-17 発行

タトゥー施術規制をめぐる憲法問題(続) : 大阪高裁平成三〇年一一月一四日判決を契機として

A Sequel to “Regulation of Tattoo Artists and the Constitution”
新井 誠 大学院法務研究科 広大研究者総覧
本文ファイル
抄録
This paper analyses a case on the regulation of tatto artists decided by Osaka High Court in 2018.
権利情報
許可なく複製・転載することを禁じる