廣島法學 33巻 2号
2009-10-30 発行

アスペルガー障害および解離性同一性障害を患う被告人の刑事責任能力判断 : 東京地裁平成二〇年五月二七日判決(平成一九合(わ)二五号殺人・死体損壊被告事件) <判例研究>

Case on Criminal Law : The judgement of criminal responsibility about the defendant who suffers from the Asperger Syndrome and the Dissociative Identity Disorder <Not of Case>
上原 大祐
本文ファイル
SelfDOI