藝術研究 20号
2007-07-26 発行

ポール・リクール『時間と物語』の虚構論としての可能性と限界 <論文>

Possibility and Limitation of Paul Ricoeur's Time and Narrative as a Theory of Fiction <Articles>
萩原 康一郎
本文ファイル