中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校 58巻
2018-03-31 発行

学習課題作りの授業実践 <第2部 教科研究>

本文ファイル
抄録
本稿では,学習課題作りの授業実践について報告し,考察を行った。学習課題作りの授業とは,生徒が教材から問題を発見し,それを学習課題に作り上げていく授業である。現行学習指導要領は,課題解決の過程の中で,生徒が言語活動を行い,そのことを通じて思考力・判断力・表現力等を育成することを求めている。そのため,実践の多くは課題解決の過程を重視して行われてきた。一方で,問題発見と課題作りの場面への注目は弱かった。本実践は問題発見と課題作りの場面に注目した実践である。