広島大学附属三原学校園研究紀要 7巻
2017-03-28 発行

音楽科における創作活動の授業実践 : 幼・小・中一貫校の特色を生かした旋律づくり

A Study on Teaching Practice of a Creative Activity on Music Education: Creating a Melody in Attached School from Kindergarten to Junior High School
末廣 麻由子
本文ファイル
抄録
本研究の目的は,創作活動を通して,知識・技能を鍛え,思考力・判断力の育成を目指すための授業開発をすることである。幼・小・中一貫校の特色を生かして「園児さんに,好きな絵本に旋律(メロディー)を付けてもっと好きな絵本に変身させよう」という目標を掲げ,個または小集団で絵本の言葉の抑揚を探り,園児が歌いやすい音程やリズムを考えながら旋律作りを行うことで,少しずつ知識や技能が身に付いていった。園児の喜ぶ姿をイメージしながら旋律を作ることで,創作意欲が高まり,創作の楽しさや喜び,達成感を味わいながら,知識・技能を鍛え,思考力・判断力を育成するために有効な取り組みであった。一方,身に付けておくべき基礎的知識の定着不足が課題といえる。