広島大学附属三原学校園研究紀要 7巻
2017-03-28 発行

古典に親しむ態度を育成する中学校国語科の授業づくり : クイズ形式を取り入れた故事成語の学習を通して

Making Japanese Classes of Fostering Familiarity with Classics in Junior High School: Using Quizzes about Classical Idioms
本文ファイル
抄録
本研究の目的は,クイズ形式を取り入れた故事成語の学習を通して,古典,特に漢文に親しむ態度を育成するための中学校国語科の授業のあり方を明らかにすることである。まず,基礎の段階として,漢文の基本的な読み方を学ばせ,中国の言葉を先人たちがどのように日本語として読もうとしてきたかを理解させた。次に,故事成語がどのようにしてできあがったかという,ことばの成立の流れをつかませた。最後に,教科書にあげられていない故事成語について,その意味を班ごとにクイズ形式で出題させた。クイズを考え,答える過程において,班員との交流を通して,興味を持って故事成語の成り立ちについて考えさせることをねらいとした。その結果,他者との協力を通して,楽しみながら故事成語に親しんでいる様子が見られた。