広島大学附属三原学校園研究紀要 7巻
2017-03-28 発行

確率概念を形成する算数学習の開発に関する研究 : 確率概念形成に必要な数学的な見方・考え方を中心に

A study on Development of Math Class to Form the Concept of Probability: Focusing on Perspectives and Ideas of Math to Form the Concept of Probability
本文ファイル
抄録
本研究の目的は,確率概念形成に向けて必要な数学的な見方・考え方を育成するための指導方法及び評価方法を開発することをねらいとする。そのために,まず,小学校における「確率」につながる学習の①目標・②内容・③確率概念形成に向けて必要な数学的な見方・考え方を設定した。次に,単元計画の中に1時間ごとに引き出したい数学的な見方・考え方の具体的な子どもの姿を位置づけた。指導方法としては,新設した全ての時間を「予想→実験→考察」といった流れで学習することとした。評価方法としては,「OPPAによる自己評価活動」を取り入れた。その結果,確率概念形成に向けて必要な数学的な見方・考え方を育むことに一定の効果があった。これは,めざす姿の具体化による効果的な指導と自己評価活動を生かしたフィードバックを行ってきた結果であると考える。今後も,見方・考え方のさらなる意識化をめざし,一体化した指導と評価の実施を目指す。