広島大学総合博物館研究報告 9号
2017-12-25 発行

広島大学東広島キャンパスのチョウ相

Butterfly fauna in the Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University
佐藤 祐輔
坂本 充
本文ファイル
抄録
東広島キャンパスのチョウ相を把握するために,2015年の4月から11月にかけてルートセンサス法によるチョウの調査を行った。本調査では5科56種のチョウを確認した。さらに調査期間外に10種のチョウを確認した。合計すると東広島キャンパスで5科66種のチョウを確認した。区域によって出現する種が異なるが,自然区と隣接する圃場で最も多くの種を確認した。以前の調査結果と比較すると,キャンパスの環境が変化した可能性が示唆された。
キーワード
チョウ
東広島キャンパス
環境
Butterfly
Campus in Higashi-Hiroshima
Environment
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum