広島大学総合博物館研究報告 7号
2015-12-25 発行

佐賀市の実相院本堂について <原著論文>

A historical study of Jisso-in Temple in Saga City, Japan <Article>
曽我 俊裕
本文ファイル
抄録
筆者らは,佐賀市大和町に所在する実相院の建物について調査を行う機会を得た。本堂,庫裏,勅使門の平面図を作成し,さらに建築年代や構造形式,改造痕跡などについて調査を行った。その結果,現在の本堂は19世紀中期の建立で,痕跡より,内陣部分が大規模に改造されていること,長押に打ち直し痕があることなどが判明した。さらに,痕跡より復元される実相院本堂の前身建物は,細部意匠に花杏葉紋が付される点,ほぼ同時期に築造されたと考えられる小城陣屋と玄関式台及び表向き殿舎の構成が類似している点から,佐賀藩の支藩や親類に関係する武家殿舎であった可能性が考えられた。遺構が乏しくいまだ明らかでない江戸時代の武家殿舎を考察する上で,一級の資料となりえる貴重な事例と考えられた。
キーワード
佐賀市
佐賀藩
書院造
武家殿舎
Saga city
Saga feudal clan
Syoin-zukuri
Warrior residences
権利情報
Copyright (c) 2015 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum