広島大学総合博物館研究報告 3号
2011-12-25 発行

西日本における釣り餌として流通される水生動物の現状 <原著論文>

Current state of aquatic animals sold as sport fishing bait in Western Japan <Article>
丹羽 信彰
今林 博道
本文ファイル
抄録
西日本でどのような水生動物が釣り餌として流通されているのかについて,2009年12月~2011年8月の期間に市場調査をおこなった。釣り具店で販売されている商品として,多毛類,ユムシ類,ホシムシ類,二枚貝類,甲殻類および魚類など少なくとも27種が確認できた。これらの釣り餌動物は,1)国外から輸入されている非在来種(≧4種),2)国外から輸入されている在来種(18種),3)国内流通されている外来種(2種),および4)国内流通のみされている在来種(3種)の4タイプに分けられた。
キーワード
釣り餌
輸入
外来種
非在来種
在来種
Fishing bait
Import
Invasive species
Native species
Non-native species
SelfDOI
権利情報
Copyright (c) 2011 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum