広島大学総合博物館研究報告 2号
2010-12-25 発行

保護活動支援を目的とした野鳥観察ツアーの評価と課題 : 広島県内でのブッポウソウとカンムリウミスズメ観察ツアーを事例として <原著論文>

Lessons learned from Evaluation of an Eco-tour Designed to Support the Conservation Works for Wild Birds : A Case Study of Dollarbird Eurystomus orientalis (Buppousou) and Japanese Murrelet Synthliboramphus wumizusume (Kanmuriumisuzume) Watching Tour in Hiroshima Prefecture <Article>
飯田 知彦
光武 昌作
榎本 隆明
林 健児郎
本文ファイル
抄録
ブッポウソウとカンムリウミスズメの保護活動を支援する環境事業として野鳥観察を中心としたエコツアーが広島県内で行われている。本稿では,広島市民を対象としたWEB アンケート調査と,ツアー参加者を対象とした,参加動機や評価に関するアンケート調査の結果を報告する。前者からは,鳥の知名度の低さにもかかわらず,1/4程度の回答者がツアーへの関心を示すとともに,野鳥保護や環境教育の効果を認めていることなどが明らかになった。後者からは,参加者が,いわゆる「マニア」層が中心となっていることを確認するとともに,ツアーの評価が,一般向けアンケートで重視される以上に,対象とした鳥を見られたかどうかに左右されることがわかった。今後,ツアー内容の充実や集客方法(宣伝方法)の検討が課題となる。
キーワード
エコツアー
カンムリウミスズメ
広島県
ブッポウソウ
野鳥観察
Bird-watching
Eco-tour
Eurystomus orientalis
Hiroshima Prefecture
Synthliboramphus wumizusume
SelfDOI
権利情報
Copyright (c) 2010 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum