広島大学総合博物館研究報告 10号
2018-12-25 発行

広島大学東広島キャンパスの哺乳類相

Mammal fauna in the Higashi-Hiroshima Campus, Hiroshima University
逸見 敬太郎
神林 千晶
柳 拓明
谷 聖太郎
本文ファイル
抄録
2017年5月から翌年5月にかけて,東広島キャンパス内の哺乳類相の把握を目的とした調査を実施した。構内の8地点に自動撮影装置を設置し,並行してコウモリ類の音声調査および痕跡の記録を行った。その結果,4目12種の哺乳類の生息が確認され,いずれもキャンパスでの広範な分布が示された。その一方で,調査中にはイエネコが小動物を捕食する様子が複数回撮影され,これを含む4種の移入哺乳類による在来生物への影響が懸念された。
キーワード
東広島キャンパス
哺乳類
センサーカメラ
自動撮影
アライグマ
権利情報
Copyright (c) 2018 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum