広島大学総合博物館研究報告 1号
2009-12-25 発行

石見銀山領における猪被害とたたら製鉄 <短報>

A Historical Study on the Relation between Damages on Farm Crops Caused by Wild Boars and Tatara Iron Manufacturing in Iwami-Ginzan Domain <Short Report>
本文ファイル
抄録
石見銀山領(幕領)内陸部では, 幕末期に猪による農作物被害が急増しその対策に苦慮している。この地域の猪被害は近世前半にもみられたが, その後しばらく大きな問題にはならなかった。本稿では, 美郷町潮の中原家に伝えられた史料をもとに, 幕末・維新期の猪被害と捕獲の状況を紹介し, その背景に地域の主要産業であったたたら製鉄の動向との関連を考えてみたい。
キーワード
たたら製鉄
木炭
獣害
wild boars
Tatara iron manufacturing
charcoal
wild animal damages on farms
SelfDOI
権利情報
Copyright (c) 2009 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum