広島大学総合博物館研究報告 1号
2009-12-25 発行

大学周辺住民によるキャンパスの利用と評価 : 広島大学東広島キャンパスを事例として <短報>

Utilization and Evaluation of University Campus by Neighboring Residents : A Case Study of the Higashi-Hiroshima Campus of Hiroshima University <Short Report>
番匠谷 省吾
本文ファイル
抄録
本稿では, 広島大学東広島キャンパスの周辺住民がどのようにキャンパスを利用し, 評価しているかを明らかにするために, アンケート調査による考察を行った。周辺住民は, 自然に恵まれ, 美しく, 開放的なキャンパスとして, 基本的に好印象をもっている。キャンパス訪問は, 利用の満足度評価は, 施設利用においても, 行事への参加においても, 概ね良好である。さらに, 広島大学の立地については肯定的に受け止める住民が多く, 良い点として, 学生の存在や学生活動が地域に活気を与えていることが高く評価されている。しかし, 悪い点として学生のマナーの悪さが強く指摘されていることには留意が必要である。他方, キャンパス内に入っても良いことを知らなかったという住民が未だあり, 大学は周辺住民への広報をもっと強化する必要がある。本分析結果は, 今後の広島大学総合博物館の活動にも示唆を与えている。博物館は社会に開かれた大学の窓口としても役割を果たしうるという点である。
キーワード
大学
大学キャンパス
地域貢献
周辺住民
広島大学
University
University campus
Contribution to locality
Neighboring residents
Hiroshima University
SelfDOI
権利情報
Copyright (c) 2009 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum