広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域 68号
2019-12-20 発行

シャドーイングとリピーティングの複合が中国人中級日本語学習者の発話成績に及ぼす効果 : 作動記憶容量を操作した実験的検討

Effect of Combined Shadowing and Repeating on Speaking Performances for a Class of Chinese Learners Studying Intermediate Japanese: Manipulating Working Memory Capacity
王 校偉
本文ファイル
キーワード
combination of shadowing and repeating
speaking performances
working memory capacity
シャドーイングとリピーティングの複合
発話成績
作動記憶容量