生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 55巻
2016-12-25 発行

A synopsis of the parasites from cyprinid fishes of the genus Tribolodon in Japan: A 2016 update and supplement

日本産ウグイ属魚類の寄生虫目録 : 補足(2016年)
Nagasawa, Kazuya 大学院生物圏科学研究科
Katahira, Hirotaka
本文ファイル
抄録
1908年以降に出版された文献に基づき,2013年に日本産ウグイ属魚類4種(ウグイTribolodon hakonensis,エゾウグイT. sachalinensis,マルタT. brandtii,ウケクチウグイT. nakamuraii)の寄生虫に関する情報を整理した目録を出版した。今回,その後に出版された情報と2013年の目録に収録されなかった情報を加えて,この目録を補足した。宿主に関して,従来のマルタは2015年に2亜種(マルタT. brandtii maruta,ジュウサンウグイT. brandtii brandtii)に分けられたので,各亜種における寄生虫の情報を整理した。本目録では,新たに追加した6種の寄生虫(吸虫類2種,単生類1種,線虫類2種,鉤頭虫類1種)を含む15種の寄生虫に関する情報を寄生虫-宿主リストに整理して示した。今回の作業により,1908~2015年の108年間にわが国のウグイ属魚類からは48名義種の寄生虫(繊毛虫類2種,ミクソゾア類1種,吸虫類20種,単生類1種,条虫類3種,線虫類9種,鉤頭動物3種,ヒル類1種,軟体動物1種,カイアシ類6種,ワラジムシ類1種)が報告されていたことが分かった。種まで同定された寄生虫の種数を魚種別に示すと,ウグイから48種,エゾウグイから8種,マルタから4種,ジュウサングイから3種で,ウグイから最も多くの寄生虫が報告されていた。ウケクチウグイからは1未同定種のみが記録されていた。
キーワード
parasites
synopsis
Tribolodon brandtii brandtii
Tribolodon brandtii maruta
Tribolodon hakonensis
Tribolodon nakamuraii
Tribolodon sachalinensis
ウグイ
ウケクチウグイ
エゾウグイ
寄生虫
ジュウサンウグイ
マルタ
目録