生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 54巻
2015-12-25 発行

養殖クロマグロに寄生していた大型吸虫Hirudinella sp.

A giant trematode Hirudinella sp. in Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis, cultured in Japan
本文ファイル
抄録
大分県沿岸の豊後水道で養殖されていたクロマグロThunnus orientalis 1尾の腹腔に,生時の体色が薄小豆色で全長が34mmにも達する大型吸虫1個体が寄生していた。この吸虫は,その形態的特徴からヒルディネラ属の1種Hirudinella sp.に同定された。ヒルディネラ属吸虫類のクロマグロへの寄生は本報告が最初である。寄生魚の外観に異常はみられなかったが,寄生虫周辺の内臓の表面は黒色液で被われていた。クロマグロは養殖される前に,この寄生虫の感染を海洋で受けた可能性が高い。
キーワード
海水養殖
魚類寄生虫
吸虫類
クロマグロ
Hirudinella sp.
fish parasite
mariculture
Pacific bluefin tuna
Thunnus orientalis
trematode