生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 54巻
2015-12-25 発行

The ergasilid copepod Neoergasilus japonicus infecting smallmouth bass Micropterus dolomieu in central Japan

コクチバスに寄生していたヤマトニセエラジラミ
Obe, Midori
本文ファイル
抄録
長野県信濃町にある針ノ木池で採集したコクチバスMicropterus dolomieuの鰭と体表にヤマトニセエラジラミNeoergasilus japonicus (Harada, 1930)の雌成体が寄生していた。これは,わが国に移入・定着したコクチバスにヤマトニセエラジラミが寄生した初記録である。本種は長野県からは初記録であり,日本産コクチバスから見出された3種目の寄生虫になる。
内容記述
Part of this work received financial support from the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS KAKENHI Grant Number 15K07527 to K.N.).
キーワード
Copepoda
Ergasilidae
fish parasite
invasive alien fish
Micropterus dolomieu
Neoergasilus japonicus
smallmouth bass
カイアシ類
魚類寄生虫
国外外来種
コクチバス
ニセエラジラミ科
ヤマトニエラジラミ