生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 51巻
2012-12-24 発行

Prevalence of skin pseudotumors in starry flounder (Platichthys stellatus) and pleuronectid hybrids in a brackish-water lake, Hokkaido, Japan

北海道の汽水湖に生息するヌマガレイとカレイ類雑種における皮膚偽腫瘍の発生状況
Nishiuchi, Shuichi
本文ファイル
抄録
北海道オホーツク海沿岸のクッチャロ湖からヌマガレイとオショロガレイ(ヌマガレイとスナガレイの雑種)を採集し,体表の皮膚偽腫瘍の発生状況を調べた。本病変はヌマガレイとオショロガレイともに見られ,カレイ類雑種からは初記録である。ヌマガレイでは,体長10cm 未満の小型魚にのみ病変が認められ,魚体長の増加とともに病変の発生率は減少した。この湖にはカレイ類の魚類捕食者が見られず,また病変の退行や病魚の湖外への移動が考えられないことから,病魚は死亡すると推定した。
キーワード
pleuronectids
prevalence
skin pseudotumors
starry flounders
カレイ類
ヌマガレイ
発生率
皮膚偽腫瘍
SelfDOI