生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 50巻
2011-12-24 発行

Infection with Peniculus minuticaudae (Copepoda: Pennellidae) on Threadsail Filefish (Stephanolepis cirrhifer) and Black Scraper (Thamnaconus modestus) Cultured in Japan

養殖カワハギとウマヅラハギに寄生していたカイアシ類Peniculus minuticaudae
Fukuda, Yutaka
Tanaka, Shinji
本文ファイル
抄録
三重県南伊勢町地先の北太平洋で養殖されていたカワハギStephanolepis cirrhifer および大分県佐伯市上浦地先と蒲江地先の豊後水道でそれぞれ養殖されていたカワハギとウマヅラハギThamnaconus modestusの鰭から寄生性カイアシ類Peniculus minuticaudae Shiino, 1956の雌成虫を採集した。これは本寄生虫の養殖魚類および養殖カワハギ・ウマヅラハギからの初記録であるとともに,養殖魚類にペンネラ科カイアシ類の寄生を認めた2度目の事例である。本寄生虫は胸鰭と第2背鰭に多く見られ,次いで尾鰭と臀鰭の順に多く寄生していた。
キーワード
aquaculture
black scraper
Copepoda
fish parasite
Peniculus minuticaudae
Stephanolepis cirrhifer
Thamnaconus modestus
threadsail filefish
ウマヅラハギ
カイアシ類
カワハギ
魚類寄生虫
水産養殖