生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 48巻
2009-12-25 発行

琉球列島久米島沖より採集されたウニエボシ属の一種 : (蔓脚綱:エボシガイ目)

First Record of Megalasma minus Annandale, 1906 (Cirripeda: Lepadomorpha) Collected off Kume Island, Ryukyu Islands, Southwestern Japan
倉持 卓司
城間 一仁
本文ファイル
抄録
久米島沖,水深612mに設置された 海洋深層水取水施設において,ウニエボシ属のMegalasma minus Annandale, 1906が採集された。これは本種の新産地である。また,本種の和名新称としてヤリノホウニエボシを提案する。
キーワード
エボシガイ目
久米島
蔓脚綱
ヤリノホウニエボシ
琉球列島
Cirripeda
Kume Island
Lepadomorpha
Megalasma striatum Hoek, 1883
Ryukyu Islands