生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要 46巻
2007-12-20 発行

愛媛県今治で採取されたテナガダコOctopus minorの体形異常個体

On freak minor octopus, Octopus minor, found out in Imabari Fish Market, Ehime Prefecture
東出 遼介
橋本 博明
本文ファイル
抄録
2006年5月, 2007年4月と同6月に愛媛県今治漁業協同組合魚市場で体形が異常なテナガダコOctopus minorの雄3個体が採取された。通常雄は右第Ⅲ腕のみが交接腕であるが, 2006年の1個体はさらに左第Ⅲ腕も交接腕になっており, 奇形と思われた。また2007年の2個体は全体的に"水ぶくれ"状態であるが衰弱し, 特に腕部は水のような透明な液体を内包して萎縮状態であった。これは繁殖産卵を終えた死滅前の病理的な現象ではないかと思われた。
キーワード
Octopus minor
奇形
交接腕
水ぶくれ個体
瀬戸内海
freak
hectocotylized arm
blister
the Seto Inland Sea
SelfDOI