このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50613
本文ファイル
別タイトル
How did Japanese teachers deal with COVID-19 in their lessons?: The case studies of two teachers
著者
川口 広美 大学院人間社会科学研究科 広大研究者総覧
大坂 遊
金 鍾成 大学院人間社会科学研究科 広大研究者総覧
高松 尚平
村田 一朗
行壽 浩司
佐藤 甲斐
キーワード
COVID-19
teachers
teaching controversial issues
gatekeeping
抄録(英)
This article illustrates how two Japanese teachers design and implement a unit related to COVID-19 for promoting teaching controversial issues in Japan. We discovered the following two implications for achieving the aim: (a) improving teachers’ abilities of explaining how the issues are necessary and important in school education and (b) enhancing the ability of gatekeeping of teachers. Particularly, the ability of curriculum management is significant for teaching controversial issues.
内容記述
本研究は,JSPS科研費19K14239の助成,および令和二年度教育学部共同研究プロジェクト「ポストコロナの学校教育」の提起する学術知共創の可能性と課題」の支援を受けたものである。
掲載誌名
学校教育実践学研究
27巻
開始ページ
49
終了ページ
56
出版年月日
2021-03-19
出版者
広島大学大学院人間社会科学研究科附属教育実践総合センター
ISSN
1341-111X
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
人間社会科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?