このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50283
本文ファイル
k8270_1.pdf 144 KB
k8270_2.pdf 183 KB
k8270_3.pdf 3.12 MB
別タイトル
SPC18の発現は、食道癌患者において独立した予後不良因子である
著者
山本 悠司
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
This is the accepted manuscript version of an article published by S. Karger AG in Pathobiology 2020; 87(4): 254-261 including DOI and available on www.karger.com/Article/FullText/doi.
This is not the published version. Please cite only the published version. この論文は出版社版ではありません。引用の際には出版社版をご確認、ご利用ください。
関連情報
Pathobiology, September 2020; 87(4): 254-261
関連情報URL
学位記番号
甲第8270号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Medical Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2020-05-28
部局名
医歯薬保健学研究科
備考
Post-print version/PDF may be used in an institutional repository after an embargo period of 12 months. (Published: September 2020)



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?