このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48295
本文ファイル
別タイトル
Factors that prompt international students to participate in Reading activities: Using path analysis to develop a relational model
著者
楊 嘉寧
井上 弥 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
Theory of Planned Behavior
L2 language
reading activities
計画的行動理論
第二言語
読書
抄録(英)
This study examines factors that prompt international students in Japan to participate in Reading activities, which was based on the Theory of Planned Behavior. 50 Chinese students in Japan responded to a questionnaire about their Japanese book-reading activities. Path analysis revealed a relation between intention of L2 reading, subjective norm of L2 reading, attitude to L2 reading, and perceived behavior control to L2 reading. However, the reliability and validity of the model was not enough. This result suggest that further consideration will be needed.
掲載誌名
学習開発学研究
12号
開始ページ
91
終了ページ
97
出版年月日
2019-11-30
出版者
広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
ISSN
1883-8200
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
部局名
教育学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?