このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47896
本文ファイル
Thumnail k7872_1.pdf 161 KB
Thumnail k7872_2.pdf 177 KB
Thumnail k7872_3.pdf 1.43 MB
別タイトル
HAICとソラフェニブで治療した進行肝細胞癌の予後不良症例の予測に治療4週後の血清HMGB1濃度が有用である
著者
益田 和彦
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
(c) The Author(s) 2017. This article is distributed under the terms of the Creative Commons Attribution 4.0 International License (http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/), which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided you give appropriate credit to the original author(s) and the source, provide a link to the Creative Commons license, and indicate if changes were made.
関連情報
Masuda, K., Ono, A., Aikata, H. et al. J Gastroenterol (2018) 53: 107.
関連情報URL
学位記番号
甲第7872号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Medical Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2019-03-23
部局名
医歯薬保健学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?