このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45482
本文ファイル
別タイトル
Research on Japanese language class at Elementary school to Encourage “Child’s Logic”: Focusing on Focusing on “What is expressed” and “What is not expressed”
著者
春木 憂
キーワード
「子どもの論理」
REBT
小学校国語科
文学的文章
“Child’s logic”
Rational Emotive Behavior Therapy
Elementary school language arts
Literary text teaching materials
NDC
教育
抄録
対外的に問題行動を起こしたり,自己内にジレンマを抱えたりしている子どもの課題の根本的な解決を目標として,これまでの研究で得た知見をもとに構築した国語科授業を実践し,児童のもつ幸福感とイラショナル・ビリーフの変容について量的に分析した。そこから,学年全体の「子どもの論理」にかかわる傾向について考察した。その結果,「子どもの論理」にはたらきかける教育実践の要素として,次の3点の重要性が示された。
(1)目標:意欲,技能,価値目標を連続したものとして意識すること,自分のもつ「子どもの論理」とは異なる論理の存在に気づき(技能目標),受け入れ,多様性を感じる(価値目標)内容を設定すること(2)方法:様々な意見の存在を知り,共通点と相違点に気づき,他者に受けとめられること,他者の意見を受けとめることを経験する過程を設定すること(3)教材:登場人物や物語内の出来事との児童の生活経験との間に適度な距離感が保たれること
抄録(英)
A target of this research is to solve the problem of children who cause external problem behavior and pose a dilemma in themselves fundamentally. First, I built the national language department class based on the knowledge I obtained from previous study. Next, I practiced the national language department class and analyzed the result quantitatively. I then considered the tendency of the whole with regard to “child’s logic”. The importance of three points became clear as a result. (1) Target: Be aware that a motivation target, a skill target and a value target are consecutive. Establish contents by which a child will notice the logic different from own “child’s logic,”accept it and feel diversity. (2) Way: Establish a process in which the existence of various opinions is understood, common points in a point of difference are noticed, and experiences are accepted by others and others’opinions are accepted. (3) Teaching materials: Keep a moderate distance between the characters and events in stories and the child’s experience in real life.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
6号
開始ページ
89
終了ページ
103
出版年月日
2018-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 初等教育カリキュラム学会
部局名
教育学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?